ホーム 活用例 > ゴルフカート運行管理

 

導入事例
ゴルフカート運行管理
株式会社ロートピア様 

【システム概要】

株式会社ロートピア様は、3G/GPSトラッカーをゴルフカートへ搭載しゴルフカートの動きをリアルタイムに監視することで、スロープレーになる直前を的確に判断することができるゴルフカート運行管理システムを実現しました。

また、3G/GPSトラッカーから取得したデータを元に「運行管理コンサルテーション」を行うことが最大の特徴です。

 

【3G/GPSトラッカーを利用するメリット】

従来のゴルフ場では、マーシャルと呼ばれるコースの係員がコースを巡回し、円滑なプレーを促すという作業が必要でした。しかし、各ゴルフカートに3G/GPSトラッカーを取り付けることで、携帯電話通信網を利用しGPSで取得した位置情報を送信することができるため、センターハウス等の離れた場所からゴルフカートの位置を確認できます。コースを巡回せずにパソコンの画面上でゴルフカートの動きを「見える化」することが可能となりました。

 

【端末のカスタマイズ】

ゴルフカートはコース内で止まっている時間が多くあるため、モーションモードを利用し静止時にレポートを送信しない設定に変更しました。これにより、バッテリーの消費も抑えることができました。

3G/GPSトラッカーは、位置情報の送信先サーバーを変更できるため、ロートピア様独自のサーバーへ位置情報を送信する設定へ変更し、ゴルフ場管理業務に特化したアプリケーションを構築されました。

 

【運行管理コンサルテーション】

株式会社ロートピア様は、3G/GPSトラッカーと位置確認システムを提供すると共に、3G/GPSトラッカーから取得した位置データを元にゴルフカートの運行上の問題点を「見える化」し、ゴルフ場の総合プロデュースを行います。
スロープレーのクレームが発生する前に回避できる方法はないのか、プレイヤーに応じた適正なプレー時間がわからない等、問題点の見える化からその問題点を解決することが可能です。

 

「カートウォッチ」詳細はこちらから

  株式会社 ロートピア様  

  URL: http://cartwatch.jp/

 

 

ゴルフカート運行管理

 

  >活用例メニューへ

 

PAGE TOP