ホーム 活用例 > トラッカーを利用した盗難対策

 

トラッカーを利用した盗難対策
 

【概要】

リアルタイムに端末の位置を把握することができる3G/GPSトラッカーは資材や車両に取り付けることで盗難防止に活用することができます。専用アプリ「ezFinder BUSINESS」のジオフェンスアラート機能を利用することで、異常を感知した時のみ管理者へ通知することができます。

 

【ジオフェンスアラートによる通知】

「ezFinder BUSINESS」には、ジオフェンスアラートという機能があります。
ジオフェンスアラートとは、指定したジオフェンスに端末が出入りした時のみメールで通知するという機能です。ジオフェンス外への持ち出しがあった時のみ管理者へ通知することで、管理者の管理負担を軽減することができます。万が一、盗難にあった場合でも3G/GPSトラッカーはリアルタイムに位置を追跡することが可能です。

 

【管理したいもので端末を選ぶ】

・電源供給ができないもの
電源を取ることができない資材などには、内蔵バッテリー型のTR-313Jが使えます。

バッテリー型のものは、「充電の持ち」が心配されますがTR-313Jは静止時と移動時によってレポート送信間隔を変更するモーションセンサー機能が備わっているため、バッテリーを長持ちさせることが可能です。


・電源供給ができるもの

電源供給ができる車両や機材には、設置型のTR-606DJが使えます。こちらはバッテリーを気にする必要がなく、さらに「電源がオンになった時にアラートを送る」など、様々な信号を感知してアラートを送ることができます。これにより、管理者は稼働時間外に電源が入った端末を知ることができ、盗難を未然に防ぐことができます。

 

盗難対策

 

 

トラッカーを利用した盗難対策

 

  >活用例メニューへ

PAGE TOP