ホーム製品情報 > LM-130EVB LoRaWAN™評価ボード

 

LM-130EVB  LoRaWAN™評価ボード

 

2016年12月下旬発売開始予定

LM-130

 

LM-130EVBは LoRaWAN™認証モジュールであるGlobalSat社LM-130を搭載した、LoRaWAN™クラスAエンドノードデバイスです。本製品はバッテリーで給電式評価ボードで、湿度・温度センサーを内蔵し、定期的に(設定可能)またはボタンを押した時にデータを送信します。本エンドノードデバイスは長距離伝送可能な省電力設計モデムでLoRaWAN™ V1.0互換ゲートウェイやプラットフォームに対応しています。

 

LM-130EVBは標準USBにも対応しホストPCに接続でき、UARTインターフェースでLM-130モジュールに接続しています。LoRaWAN™ 対応ハードウェアやアプリケーション開発に大変有効で、ASCIIコマンドで簡単にプロトコールの変更を行うことが可能oです。

 

 

 

 

 

 

仕様

  • LoRaWAN™互換評価ボード
  • RF ISMバンド評価キット
  • 双方向半二重通信

  • 長距離伝送(1-10km、環境による)
  • 混信防止
  • 免許不要帯域
  • 内蔵820mAバッテリー
  • LEDステータス表示
  • カバーエリア、ロードテストに有効
  • ゲートウェイ、ネットワークサーバー互換テストに有効
  • 国内電波法認証手続中(2016年10月14日現在)

 

モジュール

Globalsat LM-130 LoRaWAN™

対応帯域

862-1020MHz

出力

最大20dBm

受信感度

-132dBm@980bps

サイズ

60 x 49 x 13 mm(アンテナ除く)

インターフェース

UART

バッテリー

820mAh充電式リチウムポリマー

LED表示

電源/充電/データ送信

動作温度

-20°C~ 60°C

動作湿度 5%~95%(結露なきこと)

 

 

 

 

 

 

標準付属品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オプション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP