LoRaWANとプライベートLoRaの混合について

2017年12月22日
by ノルドマルク

  LoRa最大の特長は何か一つだけあげてみてくださいと言われたら、私はまず「自分でゲートウェイ(GW)の設置場所を決めることができる」という点をあげます。これはLTE-mやNB-IoTまたはSigfoxでも難しいかと思います。ではそんなマーケットやシチュエーションがあるかという話ですが、確実にあります!

 

・鳥獣被害

鳥獣被害システムにおいてGWはLTE/3G圏内になければいけませんが、そこから5-7km距離をのばしたところに罠を設置できるという点が、最大のLoRa利用のメリットです。弊社のあるお客様は11月に熊の罠を設置し12月には終了、1月には違う場所で鹿の罠を設置します。こういったケースではGWが容易に移動・設置できることが重要でLoRaならではのメリットがあると感じています。もちろん他のLPWAシステムの基地局が罠を設置している場所をいつもカバーしていれば良いですが、それは現状のLTE/3Gエリアより広く、そう簡単にインフラが整うとも思えません。

 

・ゴルフ場におけるカートや芝刈り機、駐車スペースの管理

これもクラブハウス屋上などにGWがなければ難しい案件です。

 

・キャンプ・登山

たとえば小学校の先生が生徒を登山に連れて行くとします。その場合以下のようなモバイルGWを持参しスマホ利用で自分がGWの役割を果たすことが可能です。この場合LTE/3G圏内である必要はありますが、自分がGWになれるということがLoRaのひとつの特長です。

 

LoRaの技術評価も終わり、応用ステージに近づいていらっしゃる民間企業・自治体も多いです。

(クリックで拡大)

  自治体がインフラとしてプラットフォーム(GW+NS)を設置した場合でも、LoRaで通信できないような場所は多くあります。100%自治体で設置したプラットフォームを利用するのではなく、自分がLoRaを使いたい場所はGWもしくはGW+NSを自分で設置するという考え方です。「プライベートLoRa」と言いますが、自治体主導のLoRaではこのプライベートLoRaとの融合が非常に重要と考えています。プライベートLoRaにも通常通りNSを利用する方法と、利用しない方法があります。NSを利用するとしても自治体が用意しているNSと異なるNSを利用することもあります。その場合も違和感なく使用しているクラウドアプリで表示・管理できることが重要です。 LoRaでは「インフラが無いエリアは自分のGW(またはGW+NS)でうめる」という方法が可能です。

LoRa腕時計LW-360HRの仕様が来ました

2017年12月8日
by ノルドマルク

LoRa腕時計LW-360HRの仕様が来ました。

 

・心拍センサー内蔵
精度:休息時±3 bpm、運動時±10 bpm

・LoRa送信距離: 1-3km

・250mAhバッテリー内蔵、通常利用で4日間ほど

・歩数、消費カロリー、睡眠パターンなど記録

・スマホ連動で電話・SMS着信アラート

・KML、GPX、FITファイルエクスポート

 

 

 項目 LW-360HR
 ディスプレイ FSTN
 ディスプレイサイズ Round shape, D = 0.96 inch
 ディスプレイ解像度 128*128 pixel
 キー 5 Key
 重量 45 g
 防水 IPX7
 サイズ 45*45*13 mm
 時計バンド幅 20 mm
 動作温度 -10 ° to 60 ° C
 充電温度 0 ° to 45 ° C
 動作湿度 5% to 95% Non-condensing
 電圧 4.2V
 バッテリー 250 mAh
 一般的な動作時間 4 Days
 バイブ機能
 ブザー機能
 心拍センサー
 心拍アプリケーション
 BLE 4.0
 BLE到達距離 10 M
 LoRa LoRaWAN (Class A)
 LoRa送信距離 > 1 KM (city)
 G-sensor
 皮膚温度センサー
 GPS
 FW更新 BLE OTA
 充電インターフェース Clip Cable (4 pin)
 心拍測定
 転倒検知
 皮膚温度検知
 BLE
 LoRa
 GPS
 SOS
 RSSI
 OTA by BLE

 

 

 

まもなくリリースできそうなLoRa関連製品2

2017年12月6日
by ノルドマルク

 

前回TOPICを書いてから、価格(税別)とリリース時期についてお問合せたくさんいただいたので、現在わかっている情報をお伝えします。

価格は税抜き予価で、変更の可能性もありますがだいたいの「価格感」ということでご理解ください。製造工場国での十分な評価は済んでいますが、国内では検証はこれからです。予期せず現象が発生した場合はリリース遅れが発生することをご了承ください。

 


LS-134H   12,650円
LoRa方式熱煙センサー
ezFinderBusiness(契約要)で全国に散らばったLS-134の稼働状況などモニターすることが可能です。

 

・技適取得済
・12月中旬にサンプル品国内評価
・1月中旬リリース予定
*本製品はNSマーク未取得です。

 

 

LD-50H   12,700円
LoRaWANにもM.O.S.T(狭域方式)にも対応したUSB型ゲートウェイ。M.O.S.T方式ではネットワークサーバー不使用で利用。対応エンドノードはLT-501予定。ezFinder BUSINESSに接続すればLoRaWANでもM.O.S.Tでも違和感なく表示。

・技適12月中に取得
・1月初旬にサンプル品国内評価
・1月下旬リリース予定

 

 

LT-501H     19,350円

LT-501RH 21,950円(バッテリー別売り)

ビーコン対応LoRa GPSトラッカー。屋外ではGPS,屋内ではビーコン設置して、大まかな屋内位置決め。

・技適12月中に取得
・1月初旬にサンプル品国内評価
・2月初旬リリース予定

 

 


LoRa GPS腕時計   価格未定

2018年2月に技適取得
3月下旬サンプル品国内評価
4月中旬リリース予定

 

 

さまざまな実証実験に参加しています。実証実験では多種多様なLoRa製品を見かけますが、正式にリリースまでこぎつけた製品はまだ少ないのが現状です。「実証」から「実用」までは相当に高いカベがあると感じています。弊社ではエンドノード/ゲートウェイ/ネットワークサーバー/アプリケーションと国内で検証を重ねた製品のみリリースしております。

現在福岡市役所様で弊社LS-111をさまざまな階、場所に設置してCO2値を常時測定されています。時間帯により換気が必要な時間や場所による数値の違いなど、新たに気付かれたことが多いようにもお聞きしております。自治体、銀行、コンサートホールなど人の出入りの多い建物では、CO2測定により快適な屋内空調を心がける事例が増えてきました。