LTE/3G圏外でのLoRaの利用

2018年8月28日
by ノルドマルク

 


(画像クリックで拡大)

最近ゲートウェイがLTE/3G圏外の場合の業務について、相談を受けることが多くなってきました。

鳥獣被害システムTRELinkなどでも「ゲートウェイはLTE圏内設置が条件でも、そこからLoRaで距離をのばせるので、LoRaは有効である」というお話を承ります。しかし実際にはそのゲートウェイさえもLTE/3G圏外であるような業務も多く、弊社でもその可能性を探ってきました。私は長らく測量分野の業務に関わってきましたが、これは以前よりある特小無線のLoRa版のようなシステムです。

そこで「プライベートLoRa追跡システム」なるものを開発しました。
ゲートウェイがLTE/3Gにつながらない(バックホール)わけですから、当然アプリもクラウドで運用ということではありません。
ゲートウェイそばにおいたボートPCやタブレットPCにトラッキングの為の位置情報と方位を表示するオンプレミスでの運用です。追跡物と追跡者双方がLoRaトラッカーを設置/携帯している必要があります。
具体的にはKerlink SPNという方式とLoRa M.O.S.Tで、LTE/ 3G圏外での「リアルタイム追跡」が可能です。弊社が実際に販売した利用例、相談いただいた案件など以下を参考にされてください。

 

・LoRaでドローン捜索
https://www.trackers.jp/case/case_lora06.html

・LoRaで登山者捜索
https://www.trackers.jp/case/case_lora07.html

・LoRaで魚類・ブイのトラッキング
https://www.trackers.jp/case/case_lora08.html

・PLT (プライベートLoRa追跡システム)詳細
https://www.trackers.jp/products_lora_plt.html