ホーム 活用例 > 送迎バスのリアルタイム位置管理

 

送迎バスのリアルタイム位置管理
 

【概要】

観光バス、スクールバス、貸し切りバス等に3G/GPSトラッカーを搭載することで、リアルタイムでの位置管理を行い、管理者、利用者のどちらにとっても安心・安全な運行サービスをご提供することが出来ます。

 

【3G/GPSトラッカーの選択と設定】

・内蔵バッテリー型
単純に位置情報を取得したい場合は内蔵バッテリー型のTR-313Jが適しています。
充電式のため、設置が容易です。専用の充電クリップにより、充電しながらご使用頂くことも可能です。

TR-313J

・設置型
より複雑な機能をご使用頂く場合は常備型のTR-606DJが適しています。
常時電源のため電装が必要になりますが、アナログインプットを使用し、ドア開閉の検知や加速度の記録など、各種センサーを取り付けることが出来ます。

TR-606DJ

 

【アプリケーションの選択と設定】

・弊社のWEBアプリケーション「ezFinder BUSINESS」をご利用する場合
ezFinder BUSINESSには、GoogleMapAPIを使用した基本的な機能が備わっているほか、指定エリアへの進入/退出の検知、エンジンのオン/オフ状態によるアラートや、運行履歴のレポート化および出力といった機能もあります。また、管理者はezFinder BUSINESSの設定と閲覧、利用者は閲覧のみといった段階的な利用権限も設定できます。通信タイプはTCP、HTTP、HTTPSのいずれかとなります。


・お客様自身でご用意したアプリケーション等を使用する場合
位置情報データの送信先を自前のサーバーに設定する場合、自社開発のアプリケーションで、より業務に特化した形でご使用頂くことも可能です。

 

【管理者・利用者のメリット】

管理者は、複数のバスのリアルタイムな位置を一つの画面で確認できるため、運行管理やトラブル発生時の対処等を効率よく行えます。利用者は、PCやスマートフォンでバスの現在位置を確認できるため、遅延等による問い合わせを減らすことが出来ます。

 

 

バス

 

 

 

送迎バスのリアルタイム位置管理

 

  >活用例メニューへ

PAGE TOP