ホーム製品情報 > LoRa 

 

LPWA LoRa

 

LoRa

 

LPWA(Low power Wide Area)とは

「省電力で広いエリアをカバーする」というコンセプトの通信規格です。

LoRaもその規格の一つで、他にもSIGFOXなどさまざまな規格が標準化をねらってサービスを開始しています。

株式会社GISupplyはLPWAの中でもLoRaを中心とした端末、システムを提供しています。

 

 

 

  LoRa SIGFOX NB-LTE
推進団体 LoRaアライアンス 仏SIGFOX 3GPP
電波免許 不要 不要 免許帯域利用
利用周波数帯 920MHz帯など 920MHz帯など LTE帯域
伝送速度 0.3-50kbs 上り:100bps
下り:600bps
上り:200kbps
下り:144kbs
伝送距離 都市:1-5km
郊外5-15km 
都市:3-10km
郊外30-50km
~20km
仕様 オープン クローズ オープン
備考 LoRaアライアンスメンバーが中心となりLoRa WAN規格を設定。オランダや韓国ではサービス開始 SIGFOXまたはパートナー企業からサービスを提供するビジネスモデル 既存のLTEを拡張。通信事業者が既存設備を利用してサービスを開始できる

 

 

 


どのようなお客様にLoRaが必要か?

・維持費を限りなく抑えて、さまざまなモノをインターネットに接続したい
・端末(エンドノード)のバッテリーができるだけ長持ちする必要がある
・限られたエリアでの使用にも関わらず、適当なシステムがなかったため3G/LTE通信を利用してきた


*2016年10月1日現在、日本全国をカバーするLoRa基地局を設置しようとしている業者はありません。

 オランダや韓国のように基地局が広く国土をカバーするようになれば、無線通信距離をあまり意識せずに

 LoRaシステムを利用することが可能になるでしょう。

 

 

LoRa利用図

 

   

 

 


弊社LoRaシステムの特長

・トラッカー用プラットフォームezFinder BUSINESSに接続し、

 3Gトラッカー、センサー類とアプリ内で共存できる


・鳥獣被害対策アプリTRELink(トレリンク)に接続し、3Gカメラ、SD方式カメラ、

 3Gトラッカー、GPSロガーなどと共存できる


・開発者向けモバイルプラットホームGIConnect(ジーアイコネクト)に接続し、

 マーケット向けアプリを開発できる


・御社サーバーに接続できる

 

 

PAGE TOP