LoRaWANと鳥獣被害アラートシステム「TRELink」実証実験(終了)  

ホーム > ニュースリリース  >  2017/10/12

 


2017年10月12日

株式会社GISupply

 

 

 

LoRaWANと鳥獣被害アラートシステム「TRELink」の実証実験(終了)


 

2017年9月末日、株式会社GISupply と 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布 は 鳥獣被害対策におけるLPWA通信

(LoRaWAN)の実証実験を終了しました。

 

今回の実証実験では、通信機能付きの自動撮影カメラに加え、新たに携帯電話の通信圏外に設置された罠にも使用できるLoRa端末を鳥獣被害アラートシステム「TRELlink」に対応させ、罠のリアルタイム監視を実現しました。期間中、農作物を荒らしていた熊が罠にかかり、設置していたそれぞれの端末からTRELlinkを通じて、関係者への円滑な通知が行われ、熊の捕獲も無事に行われました。

 

 

罠システム図解

  箱罠の前で立ち上がる熊(クリックで拡大)

デントコーン畑

 

 熊に荒らされたデントコーン畑(クリックで拡大)

   

箱罠

        箱罠(クリックで拡大)

LT-100を箱罠に設置

 箱罠に設置されたLoRa/GPSトラッカー「LT-100」

   

TREL3G-Rの設置

 (上)自動撮影カメラ「TREL 3G-R」

 (クリックで拡大)

  アラートシステム

 

 箱罠通知時のアラート通知

   

 


●実証実験を終えて

 

今回は、鳥獣被害アラートシステム「TRELlink」が、LoRa端末に対応してから初めての実証実験でしたが、

熊が罠にかかった事をセンサーで問題無く検知する事が出来ました。また通信機能付き自動撮影カメラを用い、

罠のゲートが正常に動作していることも事前に確認でき、捕獲作業までの効率化が図れました。

LoRa端末については防水性(IPX7相当)があり、罠への取り付けが簡単な事に高い評価を得ることが出来ました。

今後も、多種多様な罠への設置が期待できそうです。

 

 


●実証実験概要

 

・実験期間:2017年8月31日~2017年9月30日 (終了)

 

・スケジュール
2017年8月31日 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布、森林公園「いこいの森」にゲートウェイを設置。 (完了)
2017年9月1日 センサーを箱罠に設置。 (完了)
2017年9月30日 実証実験終了。機材撤収。 (完了)

 

 

●使用機材

 

・Webアプリケーション 「TRELink」

LoRa RSK

http://www.gishop.jp/shopdetail/000000001407/

 

 

・LoRa RSK(LoRaリアル現場用キット)

 

LoRa RSK

https://www.trackers.jp/products_lora_rsk.html

(LoRa RSK構成)

ゲートウェイ1台
ネットワークサーバー1式
アプリケーション(ezFinder BUSINESS)1式 ※
センサー端末(LT-100)10台

 

※今回の実証実験でアプリケーションは、TRELinkを使用しています。

 

 

*このページに記載している情報は、掲載日時点のものです。

 現時点では、掲載日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

 

 

PAGE TOP