「Fukuoka City LoRaWAN(TM)」実証実験へ参加  

ホーム > ニュースリリース  >  2017/12/27

 


2017年12月27日

株式会社GISupply

 

 

 

「Fukuoka City LoRaWAN(TM)」実証実験へ参加(実証終了)


 

2017年11月中旬から12月上旬にかけて、株式会社GISupplyは福岡県福岡市にご協力頂き「Fukuoka City LoRaWAN(TM)」における実証実験に参加しました。


※福岡市HP:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kagakugijutsu/business/lorawan.html

Fukuoka City LoRaWAN

 

 

●実験目的
近年オフィスビル及び商業ビルが環境認証を取得する等、環境調査・管理が注目されています。
ビル内における空調への意識が高まることにより、人間の健康や快適性・生産性が向上することを目的とします。

 

 

●実験内容
福岡市役所本館内において、同じ執務室内にLS-111(温度・CO2センサー)を4台設置し、設置場所毎のCO2濃度の変化を調査しました。

 

設置場所①③④は測定値に差がありますが、午前8:30からCO2濃度が徐々に上昇し、昼食時間に若干低下しますがその後15:30にピークを迎えます。この3ヵ所では24時間のチャートに似た傾向が示されています。

一方設置場所②は、午前8:30からCO2濃度が徐々に上昇しますが、仕切られた個室のためか他の設置場所に比べCO2濃度が低く、個室を使用した際には最も高いCO2濃度が測定されています。

 

CO2濃度1000~2000PPMは、眠くなる人が多くなるなど体調の変化と個人の意識に関わらず仕事効率の低下等の影響が出てきます。 このことから職場の環境調査を行い、適切な空調を行う事で快適性・生産性の向上が見込めるのではないでしょうか。

 

LS-111

     (写真)設置中のLS-111

 

 

間取り図

(間取り図)LS-111の設置場所

 

 

 

 

チャート

(CO2チャート)設置場所①(2017年12月7日00:00~23:59)

 

 

 

チャート

(CO2チャート)設置場所②(2017年12月7日00:00~23:59)

 

 

 

チャート

(CO2チャート)設置場所③(2017年12月7日00:00~23:59)

 

 

 チャート

(CO2チャート)設置場所④(2017年12月7日00:00~23:59)

 

 

 

 

 

 


 

●使用機器

・LS-111(温湿度・CO2センサー)4台

LS-111

 

 

 

・アプリケーション(ezFinder BUSINESS)1式

 ezFinder BUSINESS

 

 

 

※ゲートウェイ・ネットワークサーバーは「Fukuoka City LoRaWAN(TM)」を利用

 

 


 

   

●スケジュール
2017年11月中旬 福岡市役所本館にLoRaセンサーを設置(完了)
2017年12月上旬 実証実験終了、機材撤収 (完了)

 

 

 

*このページに記載している情報は、掲載日時点のものです。

現時点では、掲載日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

 

 

PAGE TOP