ホーム LoRa活用例 > LoRa空港内管理システム 

 

活用例
LoRa空港内管理システム 
 

空港でよく見かける数珠つなぎになっているコンテナドーリー。
こちらの管理に頭を悩ませる空港管理会社、航空会社は多いと思います。GPS端末を取り付けて管理することとなりますが、バッテリーが最低でも1年間はもつことを希望されるお客様がほとんどです。LoRa方式でゲートウェイを空港内ビル屋上にたて、LoRa端末LT-501RH(バッテリー大)をコンテナドーリーに取り付ければ、長期にわたり位置情報管理が可能です。

LT-501RH(バッテリー大)は毎時位置情報送信で最長2年7カ月間(メーカー公称値)に渡り、コンテナドーリーを管理することができます。

 

図解

 

 

 

ezFinder BUSINESS

    

 

 

 また、LoRaを利用して以下のような包括管理も可能です。

 

ezFinder BUSINESS

 

・ロビーなどでのCO2・温湿度、駐車場PM2.5管理
・作業員の心拍・体温・位置情報管理。転倒検知
・さまざまなエリアにあるドアの開閉検知
・さまざまなエリアの漏水検知 
 ・火災防止のためさまざまなエリアでの熱煙検知

 

 

 

※ コンテナドーリー管理プレゼンファイル(PDF)はこちらから

 

※ LoRa空港包括管理プレゼンファイル(PDF)はこちらから

 

 

 

  >LoRa活用例メニューへ戻る

 

PAGE TOP