ホーム LoRa活用例 > LoRa 熱中症システム  

 

活用例
LoRa 熱中症システム  
 

 

LoRa熱中症システムは建設現場に設置したWBGT機(※1)による気象情報と、作業員が装着したウェアラブルLoRaトラッカーからのデータにより、熱中症リスクを早期に検知・排除するためのシステムです。

厚生労働省の「平成30年職場における熱中症による死傷災害の発生状況」によると、平成30年度の熱中症死傷

者数は1,178人で前年の544人より大幅に増加しました。また平成26-30年の5年間においては熱中症死傷者の

約4割が建設業と製造業で占められていました。

さらに新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の発生によりマスクをつけたままでの作業が増え、熱中症リスクの高まりがより懸念されます。

LoRa熱中症システムezFinderBUSINESS熱中症+では、作業員個々の体調と現場の気象データから熱中症リスクを色分け表示し(※2)、管理者による適切な作業管理の手助けが可能です。

 

 

(※1) 酷暑環境下での行動に伴うリスクの度合を判断するために用いられる指標

(※2) ezFinderBUSINESS熱中症+はWBGT機、ウェアラブルLoRaトラッカーから送信されたデータに基づき熱中症リスク、安全性を

  GISupply社が独自の指標として表示するものです。GISupply社が各作業員の熱中症リスク、安全性を利用者に保証するものでは

  ありません。

 

LoRa熱中症システム

 

 

 

 

 

 

LoRa 熱中症システム構成

LoRa熱中症システム

 

 

   

 

ezFinder BUSINESS熱中症プラス

クリックで拡大


 

 

 

ezFinderBUSINESS熱中症プラス

商品ページはこちらから

 

 

 

 

 

  >LoRa活用例メニューへ戻る

 

PAGE TOP