熱中症予防システム開発中

2019年9月6日
by ノルドマルク

 

 

北海道ではもう夏は完全に終わり、そろそろ厳しい冬のことが頭をよぎる季節となってまいりました。

今夏弊社のLoRa腕時計端末 LW-360HR は熱中症対策のために、様々な業界で採用されました。特に建設工事、工場、警備などで作業員の温度・心拍の常時監視、転倒検知などの目的での採用が目立ちました。

今まで熱中症予防のためのLW-360HR使用は、単体での利用か簡易気象機器と組み合わせが多かったようです。弊社では現在、それぞれの現場により合致した熱中症リスク管理システムを開発中です。具体的には黒球温度計・乾球温湿度計といった本格的な気象機器を現場に設置しWBGT(暑さ指数)を算出、クラウドアプリezFinder BUSINESSに表示します。LW-360HRとの組み合わせで、現場と個々のデータを反映した、より精度の高い熱中症リスク管理システムにしたいと考えております。

気象機器のデータをLoRaで送信するためには、今月リリースするLoRa RTUという機器を使用する予定です。RTUを使用すればSDI-12,アナログやRS-485など様々なインターフェースを持ったセンサーのデータをLoRaで送信することが可能です。
ezFinder BUSINESSの改修もせっせと行っております。